井原、大河に登場 13日放送 市がPR「願い通じた」 /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
岡山県井原市が製作・配布している渋沢栄一と市のかかわりをアピールするリーフレット=同市役所で、小林一彦撮影
岡山県井原市が製作・配布している渋沢栄一と市のかかわりをアピールするリーフレット=同市役所で、小林一彦撮影

 明治から昭和を代表する実業界の指導者で、「日本資本主義の父」とも称される渋沢栄一(1840~1931)の生涯を描くNHKの大河ドラマ「青天を衝け」で、13日放送予定の第18回に井原市でのエピソードが登場する。同市は渋沢とのつながりをアピールし、取り上げてもらえるよう関係者に働きかけていたこともあり、「願いが通じた」と放送を心待ちにしている。【小林一彦】

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文919文字)

あわせて読みたい

注目の特集