捕鯨船、下関港から出航 第三勇新丸、太平洋で11月中旬まで操業 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
下関港で出航を待つ捕鯨船「第三勇新丸」
下関港で出航を待つ捕鯨船「第三勇新丸」

 共同船舶(本社・東京)の捕鯨船「第三勇新丸」(742トン)が10日、下関市の下関港から太平洋へ向けて出航した。第三勇新丸は、母船式捕鯨「日新丸船団」の1隻で、11日に広島県尾道市の因島港を出航する母船「日新丸」(8145トン)と太平洋で合流する。

 第三勇新丸はキャッチャーボートと呼ばれ、船首に設置された捕鯨砲から放たれたもりでクジラを捕獲する。母船の日新丸は、第三勇新丸が捕らえたクジラを収容し、解体や加工、冷凍…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

注目の特集