「経産省、東芝株主に圧力」 外部弁護士が報告書 昨年総会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東芝は10日、2020年7月の定時株主総会が公正に運営されていたかどうかに関する外部弁護士の調査報告書を公表した。報告書は、経済産業省の課長や参与が東芝の一部株主に議決権を行使しないよう圧力をかけた疑いを指摘。「東芝は経産省といわば一体となり、(株主の)投票行動を変更させる交渉を行うよう事実上依頼した」として、「公正に運営されたものとはいえない」と結論づけた。

 調査は東芝の大株主で、旧村上ファンド系の投資ファンド「エフィッシモ・キャピタル・マネージメント」が提案した弁護士3人を中心に実施。東芝幹部らのメールや文書を精査し、関係者の聞き取りも行った。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文842文字)

あわせて読みたい

注目の特集