特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

中国、海警法と海洋進出

  • コメント
  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 沖縄県・尖閣諸島周辺や南シナ海で、中国と日本など周辺諸国との間で緊張が常態化している。中国は既成事実を積み重ね一歩も引く姿勢を見せない。今年2月には、海洋権益の確保と拡大を狙いとした海警法を施行した。中国の意図はどこにあるのか、日本はどのように対処したらよいのか。

権益の安定、自国民に示す 江藤名保子・学習院大法学部政治学科教授

 海警法には、中国が管轄海域と定める海域内の島しょにある他国の建造物を撤去できるという規定がある。中国は尖閣諸島を古くからの自国の領土と主張している。現実的には不可能だが、島に上陸して灯台を撤去しても海警法では違法ではないとできる。

この記事は有料記事です。

残り4105文字(全文4386文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

注目の特集