全人代常務委、反外国制裁法案可決 欧米に対抗

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は10日の会議で「反外国制裁法案」を可決した。国営メディアが報じた。

 新疆ウイグル自治区や香港などを巡る問題で欧米諸国の対中制裁が相次ぐ中、反撃のための法的根拠を明確にする狙い。対抗措置の応酬が激化する可能性もある。

 4月下旬の審議入りから1カ月余りのスピード可決となった。10日施行した。主要7カ国(G7)などによる中国へ…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

あわせて読みたい

注目の特集