TikTok、禁止令「撤回」 バイデン政権

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バイデン米大統領は9日、中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)が運営する動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」など中国系の10アプリの配信禁止を命じたトランプ前大統領の大統領令を取り消した。中国系アプリの配信禁止令を巡っては、米連邦地裁による禁止措置の差し止め命令が相次いでおり、バイデン政権は法的根拠が乏しいと判断した。

 バイデン氏は9日の大統領令で「米政府は証拠に基づきリスクに対処する必要がある」と表明し、ティックトックと中国・騰訊控股(テンセント)の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の配信禁止を命じた昨年8月の大統領令と、電子商取引大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)系のデジタル決済サービス「支付宝(アリペイ)」など八つの中国系アプリの配信禁止を命じた今年1月の大統領令を取り消した。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文493文字)

あわせて読みたい

注目の特集