みずほATM障害、処分へ 藤原頭取は引責辞任 金融庁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 みずほ銀行で2~3月に4度のシステム障害が相次いだ問題を巡り、金融庁はみずほ銀と親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)に対し、近く業務改善命令を出す方針を固めた。システム障害の責任を取り、みずほ銀の藤原弘治頭取(59)は月内に辞任し、予定されていた会長就任も取りやめる方針だ。

 みずほ銀のシステム障害は、2月28日に預金口座のデータ移行作業中に発生。キャッシュカードなどが現金自動受払機(ATM)から戻らなくなるトラブルが全国で計5244件も発…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

あわせて読みたい

注目の特集