芥川・直木賞、初候補は6人 千葉さん、澤田さんら

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉雅也さん(C)新潮社
千葉雅也さん(C)新潮社

 日本文学振興会は、第165回芥川・直木賞の候補作を発表した。選考会は7月14日、東京都内で開かれる。

 芥川賞は5人中、3人が初の候補入り。石沢麻依さんの候補作は、今年の群像新人文学賞受賞作。くどうれいんさんは短歌や俳句、エッセーを中心に活動してきた作家で、東日本大震災を題材とした初の小説で候補に選ばれた。高瀬隼子さんは、2019年にすばる文学賞を受賞した新鋭。千葉雅也さんは哲学者で、初の小説が候補となった第162回に続いて2度目のノミネート。同じく2回目の李琴峰さんは台湾出身で、日本語で創作活動を続けている。

 直木賞も、5人中3人が初ノミネート。最多の澤田瞳子さんは歴史・時代小説を手がけ、現在、本紙で額田王を主人公にした連載小説「恋ふらむ鳥は」を執筆している。呉勝浩さんは昨年、吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞をダブル受賞した実力派。佐藤究さんは今年5月に山本周五郎賞に選ばれた話題作で初候補入り。砂原浩太朗さんは架空の藩を舞台にした時代小説、一穂ミチさんは人知れず悩みや苦しい過去を抱えながら生きる…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文855文字)

あわせて読みたい

注目の特集