特集

読者の広場

「女の気持ち」「男の気持ち」「みんなの広場」「仲畑流・万能川柳」「人生相談」など、読者からの投書・声を集めました。

特集一覧

男の気持ち

友達は1年生 東京都板橋区・福村久夫(税理士・85歳)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 塀の上にはわせて咲かせていたバラの花の盛りが過ぎた。

 切っていると、男の子と女の子の2人連れの小学生が下校中に通りかかり、男の子が「なんでお花を切ってしまうの」と聞いてきた。バラ1輪の枝をあげると「ありがとう。僕大事にするよ」と言い、帰っていった。

 それが小学1年生のH君との初めての会話だった。人の気持ちをおもんぱかる言葉がうれしかった。

 その後も、下校中のH君とときどき会ったが、いつも同じ女の子と一緒だった。「いつも一緒で仲よしだね」と声をかけると、「ほんとは3人だったけど、友達がよそに行ってしまって2人になった」と、ちょっと寂しそうに答えた。そして「前にもここに来たけど、おじさんがいなかったから帰った」と言う。完全に友達モードだ。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集