プロ野球 セ・パ交流戦 オリックス6-0巨人 T-岡田、演出3安打 オリ快勝、交流戦首位タイに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【オリックス-巨人】五回裏オリックス1死一、二塁、T-岡田が右越えに3ランを放つ
【オリックス-巨人】五回裏オリックス1死一、二塁、T-岡田が右越えに3ランを放つ

 オリックスが引き分けを挟んで3連勝。勝率5割に復帰し、交流戦首位タイに浮上した。一回に杉本の適時二塁打などで3点を先取し、五回にはT―岡田が3ラン。先発・山崎福が6回無失点と好投し、継投で巨人を零封した。巨人は今季初の4連敗。

復調の兆し

 右翼ポール際に舞い上がった飛球に、京セラドームのファンは息をのんだ。オリックスの4番・T―岡田はスラッガーらしく確信していたのだろう。打席からほとんど動かず、バットを持ったまま飛んだ打球の行方を見つめていた。

 3点リードの五回1死一、二塁。1ボールからの2球目。左腕の高橋が投じた外角へ逃げる緩いスライダーに対し、体が開くのをこらえて引っ張った。飛距離十分の右越え7号3ランだ。「完璧。真っすぐに合わせていたが、うまく下半身が粘れた」と納得の一振りだ。一回には単打で3点先取の舞台を整え、三回には二塁打を放った。サイクル安打の快挙は逃したが、3安打の大活躍だった。

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文775文字)

あわせて読みたい

注目の特集