プロ野球 セ・パ交流戦 西武5-3DeNA 止まらぬ平良無双 開幕から連続無失点試合 31

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【西武-DeNA】九回に登板し、開幕から31試合連続無失点の日本タイ記録を達成した西武・平良
【西武-DeNA】九回に登板し、開幕から31試合連続無失点の日本タイ記録を達成した西武・平良

 西武が競り勝った。1点を追う一回、岸の先頭打者本塁打で追い付き、二回に柘植の適時二塁打と岸の適時打で2点を勝ち越した。先発・内海は5回3失点で今季初勝利。DeNAは先発の坂本が制球力を欠いた。

プロ野球記録タイ

 いともたやすく相手を封じた。西武の抑え・平良が九回を無失点に抑え、開幕からの連続無失点記録を31とし、2016年に中日の田島がマークしたプロ野球記録に並んだ。

 チームの試合数の半分以上となる31試合目の登板。それでも豪速球を投げ続けられる理由は、長いシーズンを見据えた「省エネ」の準備にある。この日もブルペンで捕手を座らせたのは八回2死になってから。力を入れての投球は「6、7球くらい」。前日の登板では2球で肩を作った。

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文828文字)

あわせて読みたい

注目の特集