連載

インタビュー・最前線

あの企業の次の一手は何か。その狙いは。経営トップへのインタビューで探ります。

連載一覧

インタビュー・最前線

千房ホールディングス 中井貫二社長 会社と“家族”守る攻め

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
千房ホールディングスの中井貫二社長=大阪市浪速区で、梅田麻衣子撮影
千房ホールディングスの中井貫二社長=大阪市浪速区で、梅田麻衣子撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 国内外でお好み焼きチェーンを展開する千房ホールディングス(大阪市浪速区)が地方への出店を加速させている。経営のかじ取りを担うのは、元大手の証券マンで2代目社長の中井貫二さん(45)。強気の戦略が目立つが、実は創業者の父が始めた受刑者の就労支援を引き継ぐなど「ドライじゃない」経営を進めている。異色の経営者の背中を押した幼少期の記憶とは何か。そして新型コロナウイルス禍で従業員に送ったメッセージとは? 粉もん事業にかける思いを聞いた。【聞き手・小坂剛志、写真・梅田麻衣子】

この記事は有料記事です。

残り3118文字(全文3377文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集