新型コロナ 3回目緊急事態1カ月 福岡、新規感染急減

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
博多駅前の交差点を歩く人たち。東京、大阪に比べ緊急事態宣言による人出の抑制効果は小さかった=福岡市博多区で2021年6月10日午後5時45分、津村豊和撮影
博多駅前の交差点を歩く人たち。東京、大阪に比べ緊急事態宣言による人出の抑制効果は小さかった=福岡市博多区で2021年6月10日午後5時45分、津村豊和撮影

 新型コロナウイルスの感染者が急増していた福岡県内の感染状況が落ち着きつつある。3回目の緊急事態宣言が発令された5月12日に過去最多の634人を数えた新規感染者は10分の1程度に減少。同様に宣言が出ている10都道府県のうち、北海道、東京都、愛知県、大阪府と比べると、人口当たりの感染者数は最も少なく、死亡率も低い。福岡県への宣言発令から12日で1カ月。期限の20日までの宣言解除も視野に入るが、専門家は「気の緩み」による反動に警戒を呼びかける。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1189文字)

あわせて読みたい

注目の特集