特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

自民・岸田氏、「新たな資本主義を創る議連」発足 方向性は定まらず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党の岸田文雄前政調会長(左から3番目)が発足させた「新たな資本主義を創る議員連盟」に参加した(左端から)甘利明税制調査会長、安倍晋三前首相、麻生太郎副総理兼財務相=国会内で2021年6月11日、小田中大撮影
自民党の岸田文雄前政調会長(左から3番目)が発足させた「新たな資本主義を創る議員連盟」に参加した(左端から)甘利明税制調査会長、安倍晋三前首相、麻生太郎副総理兼財務相=国会内で2021年6月11日、小田中大撮影

 自民党の岸田文雄前政調会長が11日、派閥横断型の「新たな資本主義を創る議員連盟」を発足させ、会長に就任した。9月の菅義偉首相の総裁任期満了を前に党内の足場を構築する狙いで、安倍晋三前首相ら150人近い自民議員が顔をそろえた。ただ、新議連の方向性は定まっておらず、他の党内抗争に利用されて終わりかねないと足元の岸田派から不満も出ている。

 「いわゆる3Aがそろい踏みで、(取材の)マスコミの皆さんはさぞ喜んでおられるだろう」。岸田氏は11日、新たな資本主義の価値構築をうたう議連の設立総会で、高揚した様子であいさつした。会場では党内で最近「3A」と称される安倍前首相、麻生太郎副総理兼財務相、甘利明税制調査会長が岸田氏と並び、国会議員145人と代理の秘書61人が出席した。

 岸田氏は2020年9月の総裁選で菅首相に大敗。派閥を超えた連携で再起を図るため、岸田派内で発案されたのがこの議連だ。懐の広さを示そうと、党内7派閥と谷垣グループ、無派閥からそれぞれ発起人を募るなど「バランスに腐心した」(岸田派幹部)。

 また、党内の主導権をめぐって「3A」とのさや当てが続く二階俊博幹事長にも配慮。…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文1131文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集