仏、原子力艦の日本寄港提案 中国台頭念頭 拒否反応の可能性も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 フランス海軍のピエール・バンディエ参謀長は、中国の台頭を念頭にフランスが策定したインド太平洋戦略で日本と協力を進める次の一歩として、今後2年間に自国の原子力空母か原子力潜水艦を日本に寄港させることを提案していると明らかにした。ルモンド紙が10日、インタビューを報じた。

 これまでフランスのフリゲート艦や強襲揚陸艦が日本の海上自衛隊基地に入港したことがある。自国の戦略的自立性の要を担う原子力艦の派遣で日仏協力の進…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文518文字)

あわせて読みたい

注目の特集