北九州の住宅街にサル出没 ゴミ置き場あさり、繁華街近くでも目撃

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡市・天神の「アクロス福岡」に現れたサル=福岡市中央区で2021年6月3日午後2時59分、津村豊和撮影 拡大
福岡市・天神の「アクロス福岡」に現れたサル=福岡市中央区で2021年6月3日午後2時59分、津村豊和撮影

 北九州市小倉北区の住宅街などに11日、野生のサル1匹が出没し、目撃情報が相次いだ。被害などは報告されていないが、通学中の児童らがけがをしないよう警察官らが警戒に当たった。

 福岡県警小倉北署によると、11日午前6時35分ごろ、小倉北区宇佐町2の店舗ゴミ置き場でゴミをあさるサルが目撃され、110番があった。繁華街に近い大手町などでも目撃されるなど11日の通報は計10件に上ったが、その後は姿が見えなくなった。

 市鳥獣被害対策課によると、サルは9日に小倉北区高尾付近で目撃されたのを皮切りに、10日も各地で相次いで目撃された。小倉北区役所は広報車で「サルに遭遇しても、近づいたり目を合わせたり大きな声を出したりして刺激しないように」と注意を呼び掛けている。

 福岡県内では6月3日に福岡市中央区の繁華街にサル1匹が出没し、警察官らが警戒に当たるなどの騒ぎになった。【成松秋穂】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集