ランニング中の後頭部を蹴った「犯人」は… 初夏の頭上に注意

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北上川に架かる夕顔瀬橋。人通りの多い橋のたもとにあるカラスが巣をつくった木(左)=盛岡市で2021年6月9日午後3時17分、安藤いく子撮影
北上川に架かる夕顔瀬橋。人通りの多い橋のたもとにあるカラスが巣をつくった木(左)=盛岡市で2021年6月9日午後3時17分、安藤いく子撮影

 うるさい鳴き声がした直後、後頭部に衝撃が走った。8日午後4時過ぎ、盛岡市を流れる北上川に架かる夕顔瀬橋付近で、ランニング中の私(記者)はカラスに襲われた。後頭部をいきなり蹴られた衝撃に驚いて転倒し、両膝を負傷した。しばらく現場で様子をうかがっていると、他の通行人も次々に襲われていた。なぜカラスが人を襲うのか、理由を探った。

 その日午後、通り雨がやんだのを確認し、ランニングに出かけた。北上川沿いの歩道や河川敷を景色を眺めながら走るのが休日の楽しみで、この日は自宅から上流に向かって走り、夕顔瀬橋を渡って折り返そうとしたところで、数羽のカラスが沿道沿いの木の枝に止まっているのが見えた。鳴き声も聞こえていたが気に留めず、木の下を通ろうとしたところで急襲された。

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文1079文字)

あわせて読みたい

注目の特集