N高、労基法違反で是正勧告 代休消化できず、割増賃金も一部のみ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
N高校の勤務実態について説明する現職の男性教員(右)=東京都千代田区で2021年6月11日午後1時57分、大久保昂撮影
N高校の勤務実態について説明する現職の男性教員(右)=東京都千代田区で2021年6月11日午後1時57分、大久保昂撮影

 通信制の私立N高等学校(沖縄県うるま市)で、休日に働いた教員が代休を取得できず、割増賃金も適切に支払われていなかったとして、亀戸労働基準監督署(東京)が学校側に是正勧告していたことが11日、分かった。教員2人が加入する労働組合が同日、都内で記者会見し明らかにした。

 運営する学校法人「角川ドワンゴ学園」は取材に「代休消化について見解の相違があった。労基署の指摘を受け、今後は改善する」と説明した。

 労組「私学教員ユニオン」によると、…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文534文字)

あわせて読みたい

注目の特集