魚全滅、セコムを提訴「停電出動せずポンプなど停止」長崎県公社

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
長崎県
長崎県

 停電時に警備員が出動しなかったため取水ポンプなどが停止し、トラフグやヒラメの養殖稚魚約10万5000匹が全滅したとして、長崎県漁業公社(同県佐世保市)が、警備大手のセコム(東京)に約760万円の損害賠償を求める訴訟を長崎地裁佐世保支部に起こした。提訴は5月22日付。

 訴状によると、2020年9月2日夜、稚魚を養殖している佐世保市内の県漁業公社の事業所で台風による停電が発生。セコムの警備員は…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

ニュース特集