民放連「政治・行政と適切な関係構築へ基本姿勢」 接待問題受け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本民間放送連盟会長の大久保好男氏=和田大典撮影 拡大
日本民間放送連盟会長の大久保好男氏=和田大典撮影

 日本民間放送連盟(民放連)の大久保好男会長は11日の定例記者会見で、「政治および行政との適切な関係の構築に関する基本姿勢」を発表した。東北新社などによる総務省幹部への接待問題を受けたもので、「もたれ合いや癒着と取られるようなことがあってはならず、節度を持って対応する必要がある」と明記した。民放連が政治家や官僚との関係について基本姿勢を策定するのは初めて。

 文書では、「政治家や行政担当者との意見交換を欠かすことはできない」とした上で、政治家や官僚と会食を伴う意見交換や接触をする際には、便宜供与や金品の贈与といった、大臣規範や国家公務員倫理法などで禁止された行為を行わないとした。

 大久保会長はまた、フジテレビの番組「テラスハウス」に出演した木村花さんがSNS(ネット交流サービス)で中傷を受けた末に死去した問題と、日本テレビの番組「スッキリ」でアイヌ民族に対する差別的表現があった問題について、民放連内の放送基準審議会で再発防止策などの検討を始めたことを明らかにした。【松原由佳】

あわせて読みたい

注目の特集