朝乃山に6場所出場停止の処分 大関陥落へ 相撲協会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本相撲協会の臨時理事会で6場所出場停止などの処分が決まった後、高砂部屋に戻った大関・朝乃山=東京都墨田区で2021年6月11日
日本相撲協会の臨時理事会で6場所出場停止などの処分が決まった後、高砂部屋に戻った大関・朝乃山=東京都墨田区で2021年6月11日

 日本相撲協会は11日、理事会を開き、新型コロナウイルス禍で不要不急の外出が禁止されていた5月の夏場所前に、接待を伴う飲食店などを訪れていたことが明らかになった大関・朝乃山(27)=高砂部屋=について6場所出場停止と6カ月の報酬減額(50%)の処分を決めた。朝乃山は引退届を提出したが、協会は未受理とし理事長預かりとした。朝乃山は発覚後、謹慎のため夏場所を途中休場して負け越し、名古屋場所(7月4日初日・ドルフィンズアリーナ)をカド番で迎える。今回の処分で大関から陥落し、三段目付近まで番付を落とす見込み。

 協会によると、朝乃山は昨年の11月場所前から今年5月の夏場所前の外出禁止期間中に、計10回の接待を伴う飲食店通いと計3回の会食を行った。さらに同行したスポーツニッポン新聞社記者と口裏を合わせ、スマートフォンに残るやりとりも消去するなど隠蔽(いんぺい)工作を行い、協会の事情聴取にも事実を否定していた。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文870文字)

あわせて読みたい

注目の特集