特集

サッカー日本代表

ワールドカップ2022カタール大会出場を目指すサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

特集一覧

日本、セルビアの壁に苦戦 最終ライン崩しきれず辛勝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-セルビア】前半、ボールを競り合う伊東(左)=ノエビアスタジアム神戸で2021年6月11日、猪飼健史撮影 拡大
【日本-セルビア】前半、ボールを競り合う伊東(左)=ノエビアスタジアム神戸で2021年6月11日、猪飼健史撮影

 サッカー男子日本代表(国際サッカー連盟ランキング28位)は11日、国際親善試合としてノエビアスタジアム神戸でセルビア(25位)と対戦し、1―0で勝った。

セットプレーでの得点は収穫

 3年ぶりの欧州勢との対決を制したが、流れの中で奪ったゴールが欲しかった。セルビアはランキング上位とはいえ、ベストな布陣でなく、トップ下に入った鎌田は「世界のトップと比べると……。もっとできないとだめ」と総括した。

 日本は終始、主導権を握りながら、相手の最終ラインを崩しきれなかった。後半開始早々の先制点は右CKから。近いサイドに飛び込んだ谷口が頭でそらし、伊東が右足で押し込んだ。「練習で狙っていた形」と伊東。高さのある相手に、単調に放り込むだけでは分が悪い。工夫してセットプレーで得点を奪えたことは収穫だ。

 しかし、後半に投入された代表初出場のオナイウのシュートはネットを揺らすもオフサイドの判定。浅野は終盤、GKとの1対1の決定機を外し、足が止まった相手から追加点を奪えなかった。

 日本の攻撃陣にとって、二つの意味で真価の問われた一戦だった。アジア勢には威力を発揮した攻撃力が、屈強な守備陣にも通用するか。もう一つは、負傷で離脱した1トップの大迫がいない時に、どう攻めを組み立てるかだ。

 日本は前半は古橋、後半はオナイウと、今季のJ1で結果を残しているFWを送り出した。古橋は裏への抜け出し、オナイウはうまくボールを収めて攻撃を活性化させたが、ゴールという結果は得られなかった。日本にとって「大迫依存」を脱して攻撃の幅を広げることは、ここ数年のキーワードでもある。

 「選手が最大限、チャレンジしてくれたのは良かった」と森保監督。9月からのワールドカップ(W杯)アジア最終予選へ、足りないピースを埋める戦力の台頭は欠かせない。【長宗拓弥】

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集