日高川「流域治水」を推進 関係機関が協働 掘削や事前放流など /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 日高川の水害軽減策を話し合う「日高地域等における大規模氾濫減災協議会」がウェブ方式で開かれ、流域の関係者が協働して対策を行う「日高川流域治水プロジェクト」を策定した。

 全国的な水害の多発を受け、国土交通省はダムや堤防で防止するだけでなく、行政、企業や住民ら全ての関係者が参加して水害を防ぐ「流域治水」を推進している。2020年度末には、1級河川の紀の川や熊野川で「治水プロジェクト」を策定。県が管理する2級河川で…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

ニュース特集