大麻「使用罪」創設へ 医療用、解禁方針 厚労省検討会報告書

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 若者による大麻の乱用が懸念されるため、厚生労働省の有識者検討会(座長=鈴木勉・湘南医療大教授)は11日、現行の大麻取締法に「使用罪」を創設することなどを明記した報告書をまとめた。一方、現在国内で規制されている大麻草を原料にした医薬品について、使用を認めることも盛り込んだ。来年の法改正に向けた具体的な検討作業に入る。

 現行法(1948年制定)は大麻の所持や栽培を禁じる一方、吸引などの使用に罰則はない。神社のしめ縄の材料などに使う大麻草の栽培農家が、作業中に吸い込む可能性があるため、これまで使用罪の導入が見送られていた。

この記事は有料記事です。

残り805文字(全文1067文字)

あわせて読みたい

注目の特集