米司法省、議員らの通信記録入手 トランプ政権時代アップルから

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米司法省の捜査対象とされていたシフ下院議員=2020年3月、AP
米司法省の捜査対象とされていたシフ下院議員=2020年3月、AP

 米司法省がトランプ前政権時代、情報漏えい疑惑を捜査するため、下院情報委員会所属の民主党議員やスタッフ、主要メディアの記者らの通話・通信記録を入手していたことが表面化した。捜査対象にトランプ氏に批判的な議員が含まれていたこともあり、民主党は「司法省の政治利用だ」としてトランプ氏側近だったバー前司法長官らの議会での証言を要求。司法省監察官も11日に内部調査を始めると発表した。

 米メディアによると、司法省は2018年2月、米IT大手アップルに対して、当時野党だった民主党のシフ、スウォルウェル両下院議員や下院情報委のスタッフらの通話・通信記録を提出するよう求めた。司法省の求めで裁判所が出した召喚状に基づく強制手続きで、アップル側は通信時刻やアカウント情報などの記録の提出に応じていた。

この記事は有料記事です。

残り827文字(全文1170文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集