大阪市営住宅で相次ぐケーブル盗 背景にコロナ禍で広がる“観測”

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ケーブルが盗まれた部屋の床下=大阪市平野区の市営長吉六反東住宅で2021年6月2日午後3時22分、柳楽未来撮影
ケーブルが盗まれた部屋の床下=大阪市平野区の市営長吉六反東住宅で2021年6月2日午後3時22分、柳楽未来撮影

 老朽化のため取り壊しを控えた大阪市営住宅で4月以降、大量の電線ケーブルが盗まれる被害が相次いでいる。無人の団地に侵入して1階床下のケーブルをごっそり持ち去る手口が酷似する。被害は計1・7キロメートル以上(約160万円相当)に及び、市は大阪府警に被害届を出した。なぜ今ケーブルが狙われるのか。取材を進めると、こんなところにも新型コロナウイルスの影響が見え隠れする。

 市内の24区で最も人口が多い平野区の市営長吉六反東住宅は、1960年代半ば以降に43棟(1560戸)が建設された市内有数の巨大団地で、老朽化に伴い順次に建て替えが進む。

 市によると、5月20日午前11時ごろ、工事の準備のために現地を訪れた職員が、団地を囲う高さ約3メートルの仮設塀の南京錠が壊されているのに気付いた。中に入ると、ある棟の電気ブレーカーから住宅内につながっているはずのケーブルが刃物で切り取られていた。隅々まで調べると、被害は6棟に及び、直径4~40ミリのケーブルが計979メートル盗まれていた。

 駐輪場の付近に子供用の自転車や古いテレビなどが放置され、まだ人の営みの跡が残る団地。…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1505文字)

あわせて読みたい

注目の特集