特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

兵庫の小中高4割「コロナで健康に影響」 肥満や視力低下

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真はイメージです=ゲッティ
写真はイメージです=ゲッティ

 新型コロナウイルス禍で、兵庫県内の小中高校の4割で肥満や視力低下など健康への影響があった児童・生徒がいたことが県保険医協会のアンケート調査で判明した。同協会の西山裕康理事長は「コロナ禍で児童・生徒の心身の健康状態の悪化が懸念される」としている。

 協会には県内の医師、歯科医師、勤務医ら7640人が所属する。調査は学校での定期健康診断後の治療状況の確認などが目的で、2021年2~3月に県内全ての小中高校に調査用紙を配布。小学校57校、中学28校、高校29校、特別支援学校11校などの計128校から回答を得た。

 20年度に新型コロナウイルスで児童・生徒の健康に影響があったと回答したのは、小学校50・9%、中学35・7%、高校48・3%で全体で44・5%にのぼった。内容は複数回答で肥満(40・4%)、視力低下(同)、保健室登校の増加(14%)の順で多かった。具体例では「不登校の増加」「ゲーム依存」「自粛などが原因で生活リズムが崩れ、ゲームやスマホ依存が増え、夜更かしをする児童が多かった」との報告もあった。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文937文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集