親子で盲導犬学ぶ 視覚障害者の生活も 阿見 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アイマスクを装着して啓発犬と一緒に歩く参加者=茨城県阿見町本郷1の本郷ふれあいセンターで2021年6月12日、庭木茂視撮影
アイマスクを装着して啓発犬と一緒に歩く参加者=茨城県阿見町本郷1の本郷ふれあいセンターで2021年6月12日、庭木茂視撮影

 阿見町本郷1の本郷ふれあいセンターで12日、親子で視覚障害者の生活や盲導犬の仕事などを学ぶ教室があり、小学生と保護者計約30人が参加した。

 町社会福祉協議会が主催。東日本盲導犬協会(宇都宮市)の職員2人が講師を務め、盲導犬の訓練を受けた啓発犬2頭も連れてきた。参加者全員で講師の話を聞いた後、小学生…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文250文字)

あわせて読みたい

注目の特集