連載

京都・読書之森

毎日新聞デジタルの「京都・読書之森」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

京都・読書之森

虚構の新冷戦 日米軍事一体化と敵基地攻撃論 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「虚構の新冷戦」を分担執筆した元京都女子大教授の前田佐和子さん=京都市左京区で2021年5月28日午後1時5分、千葉紀和撮影
「虚構の新冷戦」を分担執筆した元京都女子大教授の前田佐和子さん=京都市左京区で2021年5月28日午後1時5分、千葉紀和撮影

 <活字を楽しむ>

 (東アジア共同体研究所琉球・沖縄センター編 芙蓉書房出版、2750円)

 台頭する中国と米国の対立は「新たな冷戦」と呼ばれ、「激化の一途」などと多くのメディアで自明の事実のように報じられている。本書は、鳩山由紀夫元首相や朱建栄(しゅけんえい)・東洋学園大教授をはじめ、16人の専門家やジャーナリストが、国内外の資料分析や最新動向の取材成果を基に、「新冷戦」が米国流のプロパガンダで、それに便乗して日本の軍備拡張を望む勢力により、沖縄を中心に日本が「戦争に巻き込まれる」危険性を訴えている。

 全体も読み応えがあるが、本欄でこの一冊を取り上げるのは、所収されている「宇宙軍拡」の論考と、筆者である元京都女子大教授の前田佐和子さん(76)=京都市左京区=を紹介したいからだ。

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1299文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集