特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ起源調査、情報要求 米国務長官、中国側へ 電話協議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
楊潔篪・中国共産党政治局員(左)、ブリンケン米国務長官=AP共同
楊潔篪・中国共産党政治局員(左)、ブリンケン米国務長官=AP共同

 ブリンケン米国務長官は11日、中国の外交担当トップの楊潔篪(ようけつち)共産党政治局員と電話で協議した。ブリンケン氏は、新型コロナウイルスの発生起源に関し、中国が国際的な調査に協力する重要性を強調し、情報を開示するよう求めた。米国では中国科学院武漢ウイルス研究所からのウイルス流出説が再燃しており、今後、さらに情報を出すよう圧力を強めるものとみられる。

 一方で中国共産党機関紙の人民日報によると、楊氏は新型コロナの起源について「米国は事実と科学を尊重し、起源の問題を政治化することを控え、国際協力に焦点を当てることを要請する」と主張。武漢の研究所からのウイルス流出説を否定した。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文784文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集