特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ クラスターで施設崩壊 大阪市のグループホーム

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
母が入居していたグループホームへの不信感を口にする女性=大阪府大東市で2021年6月2日午前11時2分、猪飼健史撮影
母が入居していたグループホームへの不信感を口にする女性=大阪府大東市で2021年6月2日午前11時2分、猪飼健史撮影

家族「急な引き取り要請に困惑」/社長「相次ぐ離職、命守る選択だ」

 新型コロナウイルスの「第4波」が猛威を振るった4月、大阪市城東区内のグループホームでクラスター(感染者集団)が発生した。病床逼迫(ひっぱく)ですぐには受け入れ先の病院が見つからず、職員の離職で対応も遅れた。追い込まれた運営会社は入居者家族の了解を得ずに施設の「休止」を通知し、入居者の引き取りを求める異常な展開に。最終的に入居者9人中7人が感染し、2人が転居後に死亡した。1人の職員の感染から4日後、施設は「崩壊」した。

 「母がどういう経緯で亡くなったのか知りたい」。大阪府大東市に住む女性(72)の母(当時96歳)は、クラスター発生後、別の施設に転居できたが、新型コロナウイルスで亡くなった。認知症を患っていたが家族のことは理解でき、4月17日のオンライン面会では普段と変わらない様子だった。

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1443文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集