連載

レトロの美

懐かしさの中に輝く「美」を捉えた写真をお届けします。

連載一覧

レトロの美

旧料亭金勇 秋田県能代市 木都のにぎわい今に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
美しい木の模様も楽しめる大広間の格天井
美しい木の模様も楽しめる大広間の格天井

 手入れの行き届いた庭から、鳥のさえずりが響く。秋田県能代市の旧料亭金勇(かねゆう)は、優雅ながらも落ち着いた造りが印象的だ。貸座敷として創業し、1937(昭和12)年に建て替えられた。98(平成10)年に国の登録有形文化財となった。料亭は2008(平成20)年に閉店し、現在は市の観光交流施設になっている。

 能代市は米代川の河口に位置し、秋田杉の良材が集散する港町として栄えた。天然秋田杉をふんだんに取り入れた金勇の建物は「東洋一の木都(もくと)」と称された往時のにぎわいを今に伝えている。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文471文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集