連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

沖縄・米軍廃棄物への抗議「威力業務妨害」疑い 警察権力の乱用だ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松尾貴史さん作
松尾貴史さん作

 チョウ類の研究をしている宮城秋乃さんは、沖縄の「やんばるの森」で観察や調査をしている。そこは世界自然遺産の候補地になっている、2016年に返還された米軍北部訓練場跡地を含む森だ。ヤンバルクイナ、リュウキュウヤマガメ、絶滅危惧種のシリケンイモリなどの動物たちも生息している。そんな自然の森であるはずのところに、金属やプラスチックの廃品が回収もされず、大量に残されている。米軍がそのまま放置してしまった薬きょうや未使用弾、巨大な鉄板、野戦食のゴミなどだ。まだ現場には空包や、放射性物質コバルト60を含む電子部品などが散乱しているほか、地中にも埋められているという。

 このまま世界遺産に登録されれば、この状況を容認することになると考えた彼女は、宜野湾市での講演などで「廃棄物の存在を隠蔽(いんぺい)しようとしていた。登録不可の可能性もある」と語ってきた。「こういう状態なので登録延期もやむなし、片付けます」という態度であれば、延期されてもいずれは登録されようが、この事実が認知されれば、「登録の価値なし、不可」ということになりかねない。

この記事は有料記事です。

残り918文字(全文1384文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集