はやぶさ2が持ち帰った宇宙土産を分析 堀場製作所が特設サイト

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
堀場製作所が開設した特設サイト「はかる技術で太陽系と生命の起源に迫る!」
堀場製作所が開設した特設サイト「はかる技術で太陽系と生命の起源に迫る!」

 分析機器大手「堀場製作所」(京都市南区)は特設サイト「はかる技術で太陽系と生命の起源に迫る!」を開設した。探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウから採取した試料の初期分析には、同社のグループ会社・堀場テクノサービスが参画している。堀場製作所の担当者は「宇宙の面白さだけでなく『分析』にも興味を持ってもらえれば」と話す。

 はやぶさ2は2020年12月、リュウグウから砂や石などの試料を持ち帰った。試料を分析することで、太陽系が誕生した当時の様子や地球に生命がもたらされた謎に迫ることが期待されている。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集