埼玉医療生協、徳洲会に移行を提案 23億円で譲渡し年内解散

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
県北部の拠点病院である羽生総合病院=埼玉県羽生市下岩瀬で、隈元浩彦撮影
県北部の拠点病院である羽生総合病院=埼玉県羽生市下岩瀬で、隈元浩彦撮影

 羽生総合病院(埼玉県羽生市、311床)や皆野病院(皆野町、150床)などを運営する埼玉医療生活協同組合(福島安義理事長)が年内に解散し、運営主体を医療法人徳洲会に移行する方針を固めたことが同組合などへの取材で判明した。13日に開かれる最高議決機関「総代会」に諮られるが、総代の中には「急すぎる」という声が上がる。毎日新聞が入手した内部文書によると、事業譲渡額は約23億円で、総代会では資産評価の妥当性も焦点となる。【隈元浩彦】

この記事は有料記事です。

残り1275文字(全文1489文字)

あわせて読みたい

注目の特集