ズボンやスカート、性別関係なく制服自由に 千葉・流山の中学

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
おおぐろの森中で採用された制服。左端が男子用、中央と右側が女子用だが、性別に関係なく組み合わせは自由にできる(千葉県流山市提供)
おおぐろの森中で採用された制服。左端が男子用、中央と右側が女子用だが、性別に関係なく組み合わせは自由にできる(千葉県流山市提供)

 千葉県流山市は、大畔地区に2022年4月に開校する市立おおぐろの森中学校に、性別に関係なくスラックスやスカートなど制服を自由に選べる制度を導入することを決めた。市によると、制服の自由選択制の導入は東葛地区の公立中では4校目。

 同市立中の既存の9校は男子は詰め襟、女子はセーラー服やボレロだが、同中は市内初のブレザータイプとなる。市が通学区域の小中学生とその保護者にアンケートを実施して決めた。その上で3社の…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

あわせて読みたい

注目の特集