4年ぶり優勝のゴルフ青木 「逃さない」強い気持ちで逆転

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
通算17アンダーで優勝し、大会アンバサダーの宮里藍さん(左)と記念写真に納まる青木瀬令奈=六甲国際GCで2021年6月13日
通算17アンダーで優勝し、大会アンバサダーの宮里藍さん(左)と記念写真に納まる青木瀬令奈=六甲国際GCで2021年6月13日

 4年ぶりのツアー優勝。前回は悪天候で2日間の短縮競技だっただけに、勝者に贈られるジャケットを着て記者会見に現れた青木は「やっと胸を張って優勝できたと言えます」と喜びを語った。

 今年5勝と安定感抜群の稲見と同じ最終組。4打差で出たが、青木は「萌寧ちゃんも人間なので何が起こるか分からない。練習から優勝は逃さない、と強い気持ちを持っていた」という。9番で今大会初のボギーをたたくなど波に乗れない稲見に対し、5バーディーを奪い逆転。終わってみればスコアは大会記録の通算17アンダーだった。

 昨年から…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文470文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集