ゴルフ 宮里藍サントリー・レディース 青木、4年ぶりV

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
通算17アンダーで優勝し、カップを手に笑顔の青木
通算17アンダーで優勝し、カップを手に笑顔の青木

宮里藍サントリー・レディース 最終日(13日、兵庫・六甲国際GC=6517ヤード、パー72)

 首位と4打差の2位から出た28歳の青木瀬令奈が5バーディー、ボギーなしの67で回り、通算17アンダー、271で逆転優勝した。2017年のヨネックス・レディース以来のツアー2勝目で、賞金2700万円を獲得した。

 3日目までボギーなしで、首位で出た稲見萌寧は3バーディー、3ボギーの72と伸ばせず、山下美夢有、西郷真央とともに1打差の2位。さらに1打差の5位は小祝さくらで、古江彩佳は通算13アンダーの7位だった。

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1232文字)

あわせて読みたい

注目の特集