特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「山梨モデル」枠外で相次ぐクラスター 感染抑制の優等生に何が

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
GZ認証を受けた店舗に張られた認証マーク=甲府市で2021年4月11日午後7時1分、田中綾乃撮影
GZ認証を受けた店舗に張られた認証マーク=甲府市で2021年4月11日午後7時1分、田中綾乃撮影

 全国で新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向にある中、山梨県で感染が急拡大している。東京都に隣接しながらも昨年5月以降、緊急事態宣言などの対象に含まれていなかったが、今年6月に入り1週間の感染者数が前の週の約4倍に増加。感染症対策をとった飲食店への独自の認証制度で知られ、感染抑制の優等生だったはずの山梨で何が起きているのか。【梅田啓祐、田辺佑介】

 6月10日夕方、長崎幸太郎知事は県庁で臨時記者会見を開き「昨年以来、最も重大な局面だ」と危機感をあらわにした。10日までの1週間の県内の感染者は201人で、前週の54人から急増。県民に対し20日までの期間、不要不急の移動を控えるとともに、イベントや会合の中止、延期を求めた。

脚光浴びた「山梨モデル」の陰で

 県内では2020年6月から、飲食店や宿泊施設の感染対策を県などがチェックする独自の認証制度を運用。全国で飲食店などでの感染が相次ぐ中、県内の認証店での感染は21年3月の時点で、ルールを守らなかったとされる1件に抑えられ、…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1667文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集