作曲家・小林亜星さん死去 88歳 「北の宿から」など

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小林亜星さん=2016年6月、内藤絵美撮影
小林亜星さん=2016年6月、内藤絵美撮影

 「日立の樹(この木なんの木)」や「北の宿から」などのヒット曲で知られる作曲家の小林亜星(こばやし・あせい)さんが5月30日、心不全のため死去した。88歳。

 東京生まれ。慶応大卒業後、サラリーマン生活を経て作曲家の服部正さんに師事した。1961年、レナウンのCMソング「ワンサカ娘」が出世作となった。以来、サントリーの「夜がくる」や明治製菓の「明治チェルシーの唄」、ブリヂストンの「どこまでも行こう」、日立の「日立の樹(この木なんの木)」など、親しみやすいメロディーのCMヒット曲を多く生んだ。

 アニメの主題歌も多く手がけ、「魔法使いサリー」「ひみつのアッコちゃん」「科学忍者隊ガッチャマン」などが知られる。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文681文字)

あわせて読みたい

注目の特集