「お客様番号『499336』をATMに」 京都で還付金詐欺続発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都府警本部=石川貴教撮影
京都府警本部=石川貴教撮影

 新たな還付金詐欺の被害が京都府内で相次いでいる。金額ではなく、うその「お客様番号」を現金自動受払機(ATM)に入力させ、だまし取る手口だ。使われたお客様番号は「499336」。この数字にも、実は意味がある。

 亀岡市の無職女性(68)はこの手口で約100万円をだまし取られた。亀岡署によると、12日午前10時40分ごろ、女性宅に市職員を名乗る男から「介護保険料が支払われすぎている。還付手続きの期限は今日まで」と電話があった。女性が「手続きをする」と伝えて金融機関に行くと、今度は金融機関の担当者を名乗る男から、携帯電話に着信があった。

 女性は男が指示する通りにATMを操作して「お客様番号」と伝えられた「499336」を送金の画面で入力、結果的に49万9336円を振り込んだ。男から別の金融機関のATMも使うよう指示された女性はそれに従い、再び49万9336円を送金し、計99万8672円をだまし取られた。帰宅後に夫から詐欺の可能性を指摘され、取引明細を見て被害に気付いたという。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文966文字)

あわせて読みたい

注目の特集