特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

観光業対象に大規模接種 バス運転手やホテル従業員など 奈良市

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスワクチンの接種を受けるタクシー運転手の男性=奈良市のロートアリーナ奈良で2021年6月14日、久保聡撮影
新型コロナウイルスワクチンの接種を受けるタクシー運転手の男性=奈良市のロートアリーナ奈良で2021年6月14日、久保聡撮影

 奈良市は14日、バスやタクシーの運転手、ホテル従業員など主に観光分野の職業に従事する人たちを対象とした新型コロナウイルスワクチンの大規模接種を始めた。65歳以上の高齢者への優先接種と並行して進めるためモデルナ社製を使用。17日までの4日間で計約6100人に接種する。市は市町村による特定の職業への集団接種は全国初としている。

 不特定多数の人と接する機会が多い運転手や市の主要産業である観光業の従事者の他、子供や高齢者と触れ合う機会が多い保育所、訪問介護サービスの職員らも含め、奈良市内に勤務する人が対象。地元医師会や歯科医師会などの協力を得て、予診や接種に当たる人材を確保し、市中央体育館(ロートアリーナ奈良)で接種している。

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文408文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集