「非常に危険」な線状降水帯、自動検出 気象庁、17日から運用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「顕著な大雨に関する情報」の発表時に、警戒を呼びかけるため気象庁がホームページで公表する画像の一例。線状降水帯が発生している領域を、雨の降る強さの予測地図上に楕円(だえん)形で示している=気象庁提供
「顕著な大雨に関する情報」の発表時に、警戒を呼びかけるため気象庁がホームページで公表する画像の一例。線状降水帯が発生している領域を、雨の降る強さの予測地図上に楕円(だえん)形で示している=気象庁提供

 豪雨災害をもたらす一因とされる「線状降水帯」発生をリアルタイムで自動検出する技術を開発したと、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)などの研究チームが発表した。気象庁はこの技術を活用し、線状降水帯に伴い災害発生のリスクが高まったときに発表する「顕著な大雨に関する情報」の運用を17日に始める。近年相次ぐ豪雨災害で知られるようになったキーワードを使うことで、大雨への危機感を高めてもらう狙い。

 気象庁によると、線状降水帯とは、積乱雲が次々と発生して長さ50~300キロ程度の線状に並び、同じ場所で数時間にわたって雨が降り続ける現象。6~9月に九州や太平洋側に集中して発生する。

この記事は有料記事です。

残り443文字(全文730文字)

あわせて読みたい

注目の特集