五郎丸歩さん「非常に幸せ」 ラグビー元日本代表、引退会見詳報

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
引退記者会見を終え、写真撮影に応じるラグビー元日本代表の五郎丸歩さん
引退記者会見を終え、写真撮影に応じるラグビー元日本代表の五郎丸歩さん

 ラグビー元日本代表の五郎丸歩さん(35)が14日、浜松市内で引退会見に臨み、心境を語った。主な内容は次の通り。

 ◆(冒頭のあいさつで)昨年12月の引退表明会見から半年がたち、ヤマハ発動機の最終戦から1カ月半がたとうとしている。32年間ラグビーを通じて多くの方と出会い、多くの仲間とプレーできたことを非常に幸せに思っている。多くの方に支えられ、心より感謝を申し上げたい。(今後は)2022年1月に開幕する新リーグで、ヤマハ発動機が新設するプロクラブの一員としてやっていきたいと思う。長い間お世話になりました。ありがとうございました。

 ――引退した今の気持ちは。

 ◆すっきりした気持ち。後悔も一つもない。

 ――自身のベストプレーを挙げるなら。

 ◆(15年ワールドカップ=W杯=の)スコットランド戦で、コーナーでタックルに入って相手をタッチに出したのは、責任を一番大きく果たせたプレーなのかなと思っている。

 ――チームの本拠地である静岡県で過ごした時を振り返って。

 ◆大学時代は勝つことを宿命づけられたチーム(早稲田大)にいた。日本一になったことがないチームで成長したいと思い、…

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1511文字)

あわせて読みたい

注目の特集