酒井宏樹「強い覚悟と責任感で臨む」 J1浦和加入会見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインでJ1浦和への入団記者会見に臨んだ日本代表のDF酒井宏樹
オンラインでJ1浦和への入団記者会見に臨んだ日本代表のDF酒井宏樹

 サッカーのフランス1部リーグ・マルセイユからJ1浦和に完全移籍した日本代表DF酒井宏樹(31)が14日、オンラインの入団記者会見に臨んだ。真新しいユニホームに袖を通した酒井は「ヨーロッパでやる自信はあるが、日本でやりたい気持ちがあった。これまでも自分で移籍先を決めて成功してきた。今回も必ず成功させるという強い思いだ」と意気込んだ。

 酒井はJ1柏から2012年にドイツのハノーバーへ移籍。16年からマルセイユで主力としてプレーし、リーグ戦通算145試合に出場。今季も29試合に出場し、欧州チャンピオンズリーグでもプレーした。マルセイユから慰留されたものの移籍を決断。「今まで絶対的だった立場を自分の中では確保できず、大好きなマルセイユを離れるべきだと思った。新しいステップは日本と考えていた。それが自分に緊張感を与えてくれる。強い覚…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文498文字)

あわせて読みたい

注目の特集