連載

14歳の君へ

将来を考え始める14歳。勉強、友達、部活動……各分野で活躍する人からの「君への授業」。

連載一覧

14歳の君へ

わたしたちの授業 技術・家庭科 夢と出合ったら全力で 今回の先生 南極シェフ 渡貫淳子さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
物がある豊かさが幸せではないことを学んだという=2016年7月
物がある豊かさが幸せではないことを学んだという=2016年7月

 全国の中学生に、さまざまな分野で活躍する人が語る「授業」の「技術・家庭科」の先生は、「南極シェフ」の渡貫淳子さん。「技術・家庭科は日常生活に直結し、最低限身に付けた方がいいことを習う。買えば済むことも、自分でできるとすごく面白い」と話す。渡貫さんは「夢と出合ったとき、全力でぶつかれる技術を身に付けておきたい」と強調する。

 私は南極観測隊で、1年間、隊員30人の食事を作っていました。周囲は雪と氷しかなく、平均気温は氷点下10度の厳しい環境ですが、隊員がいる昭和基地は暖かく、食事も日本とほぼ同じです。

この記事は有料記事です。

残り1642文字(全文1894文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集