連載

原発週報

2011年3月に事故を起こし、廃炉に向けた作業が続く東京電力福島第1原発を巡る動きを1週間ごとにまとめます。

連載一覧

原発週報

6月7~13日 高線量汚泥 容器寿命で移し替えへ /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <7日>原子力規制委員会は、東京電力福島第1原発の高線量の汚泥をためる樹脂製の円筒状の容器(直径約1・5メートル、高さ約1・9メートル)31本が既に寿命を超えていると指摘した。容器内には、汚染水処理の際、薬剤で放射性物質を沈殿させてできた汚泥が保管されている。規制委は、容器が浴びる放射線量について、東電の見積もりが甘いと判断して、汚泥が含む水分量をより低く想定して…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集