連載

埼玉ビズ+α

埼玉県の経済ニュースや、企業トップのインタビューをまとめました。

連載一覧

埼玉ビズ+α

県のスポーツビジネス支援 ITベンチャーが提案 プロチームと園児つなぐ 動画を保護者限定で公開 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
寄贈されたバスケットボールで楽しそうに遊ぶ園児たち=埼玉県越谷市の精華幼稚園で2020年5月24日、山越峰一郎撮影
寄贈されたバスケットボールで楽しそうに遊ぶ園児たち=埼玉県越谷市の精華幼稚園で2020年5月24日、山越峰一郎撮影

 若手起業家のスポーツ関連ビジネスを支援する県の「埼玉スポーツ・スタートアップ(SSS)」で、園児、保護者、チーム、地元企業をつなぐ「園庭活用プロジェクト」を提案して2020年度の伴走支援対象者に選ばれたITベンチャー「コミュニティネット」(さいたま市浦和区)。今井房子社長は「幼いころから遊びの中にスポーツを入れ、子供が楽しむ環境を整えたい」と意欲を示す。【山越峰一郎】

 コミュニティネットが提案したのは、動画や写真を限定公開で共有できる同社のコミュニケーションツール「e-Grow」で、男子バスケットボールB2・越谷アルファーズと協力し、地元企業から幼稚園に寄贈されたバスケットボールで遊ぶ映像を保護者へ届ける事業。地域の子供たちとの接点を探していたアルファーズと、安全な方法で保護者とのコミュニケーションを増やしたい園のニーズに合致した。新型コロナウイルスの収束後は…

この記事は有料記事です。

残り1639文字(全文2025文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集