新型コロナ ワクチン誤解凍、1300人緊急接種 廃棄はなし 都・築地会場 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 都が新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるために築地市場跡地(中央区)に設置した大規模接種センターで、ワクチンが誤って大量に解凍され、警視庁職員ら約1300人が急きょ接種を受けるトラブルがあったことが、都への取材で判明した。廃棄は生じなかったという。

 都によると、トラブルは11日に発生。この日は5000人が接…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

あわせて読みたい

注目の特集