連載

クリック!

静岡を見つめる記者たちの思いを少しずつ刻む、小さなコラムです。

連載一覧

クリック!

「大火砕流」なのか? /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 死者・行方不明者が43人出た1991年の長崎県雲仙・普賢岳の災害から30年経過した。毎日新聞を含む各紙は、この現象を「大火砕流」と報じたが、本当に「大火砕流」と呼んで良いのだろうか?

 2014年の長野・岐阜県境の御嶽山の噴火では63人の死者・行方不明者。しかし、「大噴火」とは言わない。災害としては…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集